世界成長、マイナス4.9%=コロナ長引き再び下げ―IMF予測

経済・ビジネス

【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は24日、最新の世界経済見通しで、2020年の成長率をマイナス4.9%と4月時点の予測(マイナス3.0%)から下方修正した。新型コロナウイルス感染拡大が収束せず、景気回復が想定より鈍いと分析した。1930年代に深刻化した大恐慌以来の不況に陥る。来年も5.4%と0.4ポイント引き下げた。

IMFは、大恐慌時の世界全体の成長率はマイナス10%程度と推計している。IMFの統計でさかのぼれる80年以降でマイナス成長だったのはリーマン・ショック直後の2009年(マイナス0.1%)しかなく、今回の不況は「類を見ない危機」(ゲオルギエワ専務理事)となる。

IMFは今年後半に感染が収まり、経済が正常化するシナリオを描いていたが、「今年前半の景気が見込みを超える打撃を受けた」と説明。サプライチェーン(部品供給網)の障害も響くとしている。

日本は20年がマイナス5.8%と、4月から0.6ポイント下がった。2月の景気後退入りが認定された米国はマイナス8.0%、感染被害が目立ったイタリアを含むユーロ圏はマイナス10.2%。いずれもIMFの統計では最悪となる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 景気動向・マクロ経済 ブラジル 中国 EU インド 日本 米国