ソフトバンクG、資金調達「着実に」=孫氏が財務改善強調―株主総会

経済・ビジネス

ソフトバンクグループ(SBG)は25日、東京都内で定時株主総会を開いた。投資事業の不振で業績が落ち込み、財務改善のため総額4兆5000億円に上る資産売却を公表。孫正義会長兼社長は、このうち8割の調達にめどを付けたと強調し「残りも着実に実行していく」と語った。

総会では、孫氏ら計13人の取締役選任など議案全てが承認された。孫氏は株主からの質問にオンライン会議形式で回答。巨額の損失を懸念する声には「(新型コロナウイルス感染拡大の中で)SBGが保有する株式はあまり下がらず、むしろ上がっている」と主張した。

株主総会で財務改善策を説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=25日午前(オンライン中継画面より)株主総会で財務改善策を説明するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=25日午前(オンライン中継画面より)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財務 日本