千葉で震度5弱=東日本大震災の余震―気象庁

社会

25日午前4時47分ごろ、千葉県東方沖を震源とする地震があり、同県旭市で最大震度5弱を観測したほか、東北から東海にかけて震度1~4の揺れがあった。気象庁によると、東日本大震災の余震と考えられる。震源は海側と陸側のプレート境界付近で深さは36キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.1と推定される。津波はなかった。

同県市原市消防局によると、市内に住む81歳の女性が自宅で転倒し、病院に運ばれた。女性は左脚を骨折する重傷を負った。また、同県によると、いすみ市に住む60代男性が地震で落下した屋根瓦で軽傷を負った。

気象庁の加藤孝志地震津波監視課長は記者会見で「揺れの強かった地域では1週間、最大震度5弱程度の地震に注意してほしい」と呼び掛けた。

4月以降、関東で最大震度4の地震が相次いだこととの関係については、「それぞれの地震が与える影響がほとんど見られない。関連性を示すデータは特段ない」と説明した。

主な各地の震度は次の通り。

震度5弱=旭市

震度4=千葉県成田市、茨城県取手市

震度3=千葉市、水戸市、栃木県小山市、さいたま市、東京都大田区、横浜市、山梨県忍野村。

千葉県で最大震度5弱を観測した地震について記者会見する気象庁の加藤孝志・地震津波監視課長=25日午前、東京・大手町千葉県で最大震度5弱を観測した地震について記者会見する気象庁の加藤孝志・地震津波監視課長=25日午前、東京・大手町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 地震・噴火 社会 日本 千葉県