日本人駐在員らがベトナム入り=制限緩和の合意後で初めて

政治・外交 経済・ビジネス

【ハノイ時事】新型コロナウイルスの感染拡大阻止を目指したベトナム政府による入国制限で渡航できなかった日本人駐在員ら約150人が25日、ベトナム航空の臨時便で北部バンドン空港に到着した。日本とベトナム両政府は19日、双方のビジネス客の往来再開に向けて制限措置を段階的に緩和することで合意したと発表。両国の合意後、初めての日本人の渡航となった。

27日までの3日間にベトナムに入国する日本人は、駐在員、長期出張の技術者らを含めて合計約440人になる見通し。バンドン空港到着後、ウイルス検査を受け、民間のホテルで14日間の隔離期間を過ごすことが義務付けられている。

両政府は今後、日本人ビジネスマンらの渡航拡大に向けた制限措置のさらなる緩和を協議する。技能実習生を含めたベトナムの企業関係者の訪日についても話し合いを進め、円滑な人の往来を目指す。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 国際業務 日本 ベトナム