コロナ禍での株主総会ピーク=ソニーや三菱重工など750社

経済・ビジネス

3月期決算企業の株主総会が26日、ピークを迎え、東証に上場する企業の33%に当たる747社(東証調べ)が一斉に開催した。新型コロナウイルス感染防止のため、各会場では検温やアルコール消毒を実施。来年4月に社名を変更するソニーや航空関連事業の不振が続く三菱重工業が総会を開き、成長戦略などを説明した。

ソニーは社名変更に伴う定款変更など3議案を可決。吉田憲一郎社長は、この変更により「各事業の進化を促進する」と強調した。コロナの収束が見えない中で業績見通しが未定となっていることや医療、教育を支援する1億ドル規模の基金を立ち上げたとの説明もあった。来場者は222人と前年の約1500人から減少。所要時間も39分と大幅に短縮した。

三菱重工も来場株主が105人と前年から激減、1時間弱で閉会した。新型コロナ対策で、各社は株主に来場自粛を求めたり開催時間を短縮したりするなど異例の措置を講じた。代わりに、事前の質問受け付けや総会のライブ配信といった工夫で、株主との対話や説明を充実させようという試みも広がった。

東京都内で行われた三菱重工業の株主総会=26日午前東京都内で行われた三菱重工業の株主総会=26日午前

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 経営一般 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本