霊長類研で不正支出5億円=松沢教授ら4人、処分検討―京大

社会 暮らし

京都大は26日、霊長類研究所(愛知県犬山市)などで業者との架空取引や代金の過払いが繰り返され、国から交付されるなどした研究費が計約5億600万円不正に支出されていたと発表した。チンパンジー研究の第一人者である松沢哲郎特別教授(69)と友永雅己教授(56)ら教員計4人が関与しており、今後、懲戒処分を検討する。

京大によると、4人の中には不正を否定している人もいるという。私的流用は確認できなかった。京大は刑事告訴するかどうかについて「関係機関と調整しないといけない」と述べるにとどめた。

霊長類研究所の不正支出について謝罪する湊長博京都大副学長(中央)ら=26日午後、京都市左京区霊長類研究所の不正支出について謝罪する湊長博京都大副学長(中央)ら=26日午後、京都市左京区

松沢哲郎特別教授松沢哲郎特別教授

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 教育 暮らし 社会 社会一般 日本