日産社長、再建へ「不退転の決意」=巨額赤字を陳謝―株主総会

経済・ビジネス

日産自動車は29日、横浜市の本社で定時株主総会を開いた。2020年3月期は構造改革費用の計上などで6712億円の連結純損失に陥り、20年ぶりの巨額赤字となった。期末配当を見送る事態に、内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は「大変申し訳ない」と陳謝。その上で、「(再建)計画を不退転の決意で進める」と述べ、前会長カルロス・ゴーン被告の規模拡大路線から早期に脱却する考えを強調した。

株主総会に臨む日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)(オンライン中継画面より)株主総会に臨む日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)(オンライン中継画面より)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本 神奈川県 横浜市