5月の国内生産、下げ幅最大=コロナ停止響き6割減―自動車8社

経済・ビジネス

自動車大手8社が29日発表した5月の国内生産実績は、前年同月比61.8%減の計28万7502台だった。世界的な新型コロナウイルス感染拡大に伴う自動車需要の低迷を受けて工場の操業停止が相次ぎ、4月の46.7%減から一段と落ち込んだ。全社が前年実績を下回り、トヨタ自動車は57.0%減の12万2744台に下落。全体の下げ幅は東日本大震災直後の2011年4月を超え、過去最大となった。

8社のうち、最も落ち込んだマツダは83.6%減。三菱自動車も81.7%減と大幅なマイナス。日産自動車は78.7%減の1万2978台と、過去最低水準にとどまったほか、トヨタの生産台数は大震災当時の11年4月(5万3823台)以来、過去2番目に低かった。稼働停止日が少なかったホンダは下落幅を最小に抑え、38.7%減。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 生産 日本