海自護衛艦が帰港=中東での情報収集終え

社会

日本関係船舶の安全確保に向けた中東シーレーン(海上交通路)の情報収集活動に当たっていた海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」が30日午前、海自横須賀基地(神奈川県横須賀市)に帰港した。昨年末の閣議決定を受けて派遣された1次部隊で、現在は2次部隊の護衛艦「きりさめ」が任務を引き継いでいる。

たかなみは、防衛省設置法の「調査・研究」に基づき、2月26日からアラビア海北部の公海などで任務を開始した。6月9日までの期間中に延べ約8000隻の船舶の針路などを確認。自衛隊法が定める「海上警備行動」が発令されるような不測の事態は発生しなかった。

海自横須賀基地に帰港する護衛艦「たかなみ」=30日午前、神奈川県横須賀市海自横須賀基地に帰港する護衛艦「たかなみ」=30日午前、神奈川県横須賀市

海自護衛艦「たかなみ」が帰港し、取材に応じる第6護衛隊司令の稲葉洋介1等海佐(左)=30日午前、神奈川県横須賀市の海自横須賀基地海自護衛艦「たかなみ」が帰港し、取材に応じる第6護衛隊司令の稲葉洋介1等海佐(左)=30日午前、神奈川県横須賀市の海自横須賀基地

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 軍・自衛隊(社会面) 社会 日本 神奈川県