稲田検事総長、退任へ=後任は林検事長

政治・外交 社会

検察トップの稲田伸夫検事総長(63)が7月中に勇退する見通しであることが30日、関係者への取材で分かった。後任には東京高検検事長の林真琴氏(62)が就くとみられる。林氏は賭けマージャン問題で辞職した黒川弘務前検事長(63)の後任。トップとして国民の信頼回復に当たる。

総長の定年は65歳だが、在任期間は2年程度が慣例。一方、検事長の定年は63歳で、稲田氏は7月で在任2年となることや、林氏が同月末に定年を迎えることから、7月中に退任し、後進に道を譲る判断をしたとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 司法行政 社会一般 社会 日本