泉佐野市が逆転勝訴=除外基準「違法で無効」―ふるさと納税訴訟・最高裁

政治・外交 社会 暮らし

大阪府泉佐野市がふるさと納税の新制度から除外されたのは違法として、総務相に除外取り消しを求めた訴訟の上告審判決が30日、最高裁第3小法廷であった。宮崎裕子裁判長は、国側の主張を認めた大阪高裁判決を破棄し、除外決定を取り消した。市側の逆転勝訴が確定した。5人の裁判官全員一致の意見。

小法廷は、新制度の対象となる自治体の指定基準を示した総務省告示のうち、過去の募集方法を考慮するとした部分について、「違法で無効」と判断した。

最高裁に入る大阪府泉佐野市の松下義彦副市長(中央)ら=30日午後、東京都千代田区(代表撮影)最高裁に入る大阪府泉佐野市の松下義彦副市長(中央)ら=30日午後、東京都千代田区(代表撮影)

ふるさと納税をめぐり、大阪府泉佐野市の逆転勝訴判決を言い渡した最高裁第3小法廷。中央は宮崎裕子裁判長=30日午後、東京都千代田区(代表撮影)ふるさと納税をめぐり、大阪府泉佐野市の逆転勝訴判決を言い渡した最高裁第3小法廷。中央は宮崎裕子裁判長=30日午後、東京都千代田区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 裁判 社会 税制 暮らし 日本