JDI、純損失1014億円=スマホ用液晶不振―20年3月期

経済・ビジネス

経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)が30日発表した2020年3月期連結決算は、純損益が1014億円の赤字(前期は1065億円の赤字)となった。スマートフォン向け液晶パネル事業の不振が続き、6期連続の赤字。年明け以降は新型コロナウイルス感染拡大によるスマホ需要減少で売り上げは一段と落ち込んだ。

21年3月期の売上高は前期比15~20%減を見込む。決算短信には事業継続にリスクを抱えていることを示す「継続企業の前提に関する注記」が、通期ベースで19年3月期に続いて付いた。業績改善が遅れて資金繰りに影響が出る可能性があるという。

JDIは3月に投資顧問会社いちごアセットマネジメントの金融支援を受け、債務超過を解消。21年3月期に4期ぶりの営業黒字化を目指していた。だが、スコット・キャロン会長(いちごアセット社長)はインターネット記者会見で「(コロナで)見通しが変わった」と述べ、早期の黒字転換が難しいことを認めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本