かんぽ不正、2448人処分=販売資格取り消しなど―日本郵政

経済・ビジネス 政治・外交

日本郵政グループは30日、かんぽ生命保険の不正販売問題をめぐり、保険業法に基づき、新たに郵便局員ら2448人を処分したと発表した。乗り換え契約に関する社内調査では、6月25日までに計3583件にかかわる2614人の法令・社内規定違反が確認されており、処分者はさらに増える見通し。

処分の内訳は、保険販売資格の取り消しが11人。業務停止では、1~6カ月が924人、2週間または3週間が1513人に上った。

不正発覚を受け、郵政グループは昨年7月から顧客が実際に不利益を受けた疑いがある乗り換え契約(18万3000件)を調査。確認された法令・社内規定違反に対する処分に続き、今後、日本郵便でも就業規則に基づく懲戒処分を行う。部門責任者らの処分も検討する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 経営一般 郵政 日本