三菱航空機、2年ぶり債務超過=開発遅れで減損処理―20年3月期

経済・ビジネス

三菱重工業の子会社で、小型ジェット旅客機「スペースジェット」(旧MRJ)を開発している三菱航空機が2020年3月期に4646億円の債務超過に陥ったことが1日、明らかになった。負債が資産を上回る債務超過となるのは18年3月期以来2年ぶり。

1日付の官報で明らかにした。開発の遅れで量産初号機の納入を「20年半ば」から「21年度以降」へ延期しており、これに伴う巨額の減損処理を実施したため。純損益は5269億円の赤字だった。

三菱航空機は「三菱重工業からの資金で開発を行っているため、債務超過そのものが事業の継続性に支障を及ぼすことはない」と説明している。引き続き、商業運航に必要な型式証明の取得を目指す方針だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本