G7サミット、8月下旬にも=米調整、安倍首相は出席意向

政治・外交

今年の先進7カ国首脳会議(G7サミット)日程について、議長国の米政府が8月下旬から9月下旬の間で調整していることが分かった。既に各国に打診しており、安倍晋三首相は開催が決まれば出席する意向を米側に伝えた。ただ、米国内では新型コロナウイルスの感染拡大が収まっておらず、他の首脳の承諾を得られるかは不透明だ。

日米関係筋が1日、明らかにした。米国では11月の大統領選に向けた選挙戦が本格化しており、8月24~27日にトランプ大統領も出席する共和党大会が予定される。9月29日から10月22日にかけて民主党指名候補との公開討論会に臨むため、「G7サミットを入れるなら8~9月のイベントの合間しかない」(同筋)という。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 米国