6月の百貨店売上高、1~3割減=営業再開で下げ縮小

経済・ビジネス

大手百貨店4社が1日発表した6月の既存店売上高(速報)は、前年同月比1~3割減だった。各社とも、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休業していた店舗の営業を6月初めまでに全て再開したことから、マイナス幅が急速に縮小。業績悪化にひとまず歯止めがかかった。

大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは前年同月比29.0%減。同社は訪日外国人客の比率が高く、マイナス幅は他社より大きかった。三越伊勢丹ホールディングスは19.0%減。売上比率の大きい新宿、銀座など旗艦店の回復が鈍かった。そごう・西武は16.5%減で、消費税増税直後の昨年10月(19.4%減)よりも下げ幅が小さかった。高島屋は16.4%減。地方で健闘し、プラス転換した店舗もあった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 統計 日本