日立、スイス社の事業買収完了=7400億円、再エネにらむ

経済・ビジネス

日立製作所は1日、スイス重電大手ABBから分社した電力システム事業会社の買収手続きが完了したと発表した。80.1%の株式を68億5000万ドル(約7400億円)で取得。送配電設備など電力システム事業は、太陽光をはじめ再生可能エネルギー普及に伴う成長余地が大きい。日立は過去最大となる1兆円規模を投じて完全子会社化を目指し、グローバル事業を加速させる。

傘下に収めた事業会社の新名称は「日立ABBパワーグリッド」。本社をスイスに置き、会長には日立のエネルギー事業を統括する西野壽一執行役副社長が兼務で就任。1日付で営業を始めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 電力 国際業務 提携・合併・買収 日本