3空港に「PCRセンター」=出入国緩和へ体制強化―加藤厚労相

政治・外交 暮らし

加藤勝信厚生労働相は2日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う出入国制限の緩和に向け、検査体制を強化するため、成田、羽田、関西の3空港に出入国者専用の「PCRセンター」を設置すると表明した。9月の開設を目指す。視察先の千葉県成田市内で記者団に語った。

PCRセンターを設置するのは3空港のほか、東京都内、大阪府内の中心部各1カ所ずつの計5カ所。3空港では空港周辺の建物などを活用し、検体を採取、分析する。現在は各空港検疫所でPCR検査を行っており、結果判明まで1日程度かかるため、付近のホテルに宿泊して待機するケースもある。1日当たりの検査件数も1空港最大1000件程度にとどまっており、PCRセンターの設置により、短時間での検査数拡充を図る。空港以外の2カ所は出国者のみを対象とする。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (経済)年金・医療・社会保障政策 暮らし 運輸政策 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本