高速道、ETC専用へ=料金所の新型コロナ対策―国交省

政治・外交

国土交通省は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、高速道路の料金所を段階的に自動料金収受システム(ETC)専用に移行する検討に着手した。料金所での人の接触減やキャッシュレス化を進めるのが目的で、ETC利用率の高い路線から実施することを想定。社会資本整備審議会(国交相の諮問機関)の部会で具体策を議論し、秋ごろをめどに実現に向けた工程表をまとめる。

現在、高速道を利用する車のETC利用率は93%に上るが、非対応車の支払いに対応するため、有人の料金所も残している。2月以降、料金収受員が新型コロナに感染したり感染者の濃厚接触者となったりする例が発生。一部の料金所では一般レーンを閉鎖してETC専用とするなどの対応をとった。

同省はこれまでも料金収受コスト低減の観点からETC専用化を模索してきたが、コロナ禍を機に検討を加速させる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 運輸政策 日本