静岡県、リニア工事再開認めず=27年開業延期、不可避に

経済・ビジネス 政治・外交

静岡県は3日、JR東海が求めている同県内でのリニア中央新幹線の準備工事再開は認められないとの考えを文書で回答した。先月26日の川勝平太知事と金子慎JR東海社長の会談後、JR側が早期の工事再開の可否や条件などを県に再確認していた。2027年を目標とするリニア開業は計画見直しが不可避の情勢だ。

JR東海は県の回答について「納得できるものではなく、改めて県に確認したい」(広報担当)と表明。さらに、「(機械や資材などを置く)ヤードの整備が認められない以上、27年の開業は難しいという認識だ」とのコメントを出した。さらに3日深夜には県に書面を提出。工事を認めない明確な根拠について「可能な限り早期に回答」するよう要請した。

会談で金子社長は工事再開を要求したが、知事が「工事には自然環境保全協定が必要だ」と答えたため、詳細を問い合わせていた。

JR東海は27年の開業に間に合わせるには6月中の工事再開が必要と説明していた。県の回答を受け、リニア計画の修正作業を本格化させるとみられる。

5ヘクタール以上の開発工事では県と事業者が協定を結び、環境保全措置を決めると条例で規定されている。JR東海は作業員の宿舎建設などを既に進めており、今回求める準備工事を含めると、工事全体が5ヘクタール以上になる。一方、県はJR東海の求める準備工事は本体工事と一体で、合わせると5ヘクタールを超えると指摘する。

県は3日、現在は県の専門部会や国土交通省の有識者会議で環境保全措置を議論中のため「協定を締結する状態に至っていない」と回答。協定がなければ工事再開は不可能とした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 運輸政策 日本 東海 静岡県