小池氏の国政復帰警戒=再選、手放しで喜べず―自民・都知事選

政治・外交

自民、公明両党は小池百合子東京都知事の再選を当初から見込んでおり、直ちに政権運営に影響することはないと受け止めている。ただ、来年の都議選に向け、小池氏と対立してきた自民党都連との緊張関係は続くとみられ、小池氏が国政復帰に動くのではないかとの警戒感も同党内で高まりそうだ。

自民党の二階俊博幹事長は5日夜、党本部で鴨下一郎都連会長と会い、再選に「おめでとう」と祝意を伝えた。鴨下氏は記者団に「安堵(あんど)している」と語り、都連と小池都政との関係について「できるだけ協力してやっていく節目になった」と述べた。

自民党は前回知事選で独自候補を擁立し、同党を飛び出した小池氏に惨敗。今回は小池氏を「勝ち馬」と見定めた二階氏が早々と支持を打ち出し、対立候補擁立を目指した党都連を押し切った。党本部は推薦を出すことを検討したものの、小池氏が受け入れず自主投票となり、「圧勝」でも手放しで喜べない状況。党幹部は「勝てる候補がいなかった。しょうがない」と述べた。

国政への影響について、二階氏周辺は「一切ない。再選は織り込み済みだ」と明言。小池氏に近い二階派中堅は「彼女は虎視眈々(たんたん)と国政復帰を狙っているだろう。二階派に入れば一躍、首相候補になる」と語った。だが、党内はむしろ変わり身が速い小池氏を快く思わない議員が多く、同氏の動向に気をもむことになりそうだ。

一方、都議会で小池氏と協調関係にある公明党は実質支援を打ち出し、同党支持者に投票を呼び掛けた。同党の佐藤茂樹選対委員長は5日夜、記者団に「引き続き小池都政に是々非々の立場でしっかりと連携して政策を前に進めていきたい」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 行政一般(政治欄向け) 政党 日本 東京都