西日本豪雨から2年、犠牲者しのび追悼式=岡山・広島

社会 暮らし

西日本豪雨は、最初の大雨特別警報から6日で2年を迎えた。甚大な被害が出た岡山県倉敷市真備町地区などで同日午前、追悼式典が行われた。

災害関連死を含め70人が犠牲になった倉敷市の式典では、遺族と住民代表ら51人が参列し献花した。遺族を代表し、祖父清四郎さん=当時(92)=を亡くした須増藍加さん(33)が「年月を経ても心の傷が癒えることはない。つらい経験を教訓に、災害から命を守る備えを未来へ引き継いでいきたい」と述べた。

伊東香織市長は式辞の中で、熊本県を襲った豪雨に触れ、「同じ被害を受けた人吉市に、土のう袋や給水袋、スコップなどを送った」と明らかにした。

昨年は式典に約350人が参列したが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、入場者を大幅に制限。一部は会場の別室からモニター越しに見守った。

土砂崩れなどで19人が死亡した広島市安芸区の式典には72人が出席した。息子の将太朗さん=当時(18)=を亡くした植木富士子さん(47)は遺族を代表し、「時間の経過とともに災害の衝撃が薄れていくのは当たり前だと思うが、家族を失った悲しみが薄れることはない」と述べた。災害後、防災士の資格を取得したと明かし、「多くの人に、危機意識を持つことがどんなに大切か伝えていきたい」と決意を示した。

会場ではマスクの着用を呼び掛け、席の間隔を空けるなど、新型ウイルス対策に努めた。

岡山県倉敷市真備町地区で行われた追悼式で黙とうする遺族ら=6日午前(代表撮影)岡山県倉敷市真備町地区で行われた追悼式で黙とうする遺族ら=6日午前(代表撮影)

西日本豪雨の追悼式典で遺族代表の言葉を述べる植木富士子さん=6日午前、広島市安芸区西日本豪雨の追悼式典で遺族代表の言葉を述べる植木富士子さん=6日午前、広島市安芸区

岡山県倉敷市真備町地区で行われた追悼式で、遺族代表の言葉を述べる須増藍加さん=6日午前(代表撮影)岡山県倉敷市真備町地区で行われた追悼式で、遺族代表の言葉を述べる須増藍加さん=6日午前(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 気象 日本 中国 岡山県 広島県