「N-BOX」、4年連続首位=コロナで台数は振るわず―20年上半期

経済・ビジネス

2020年上半期(1~6月)の国内車名別新車販売台数は、ホンダの軽自動車「N―BOX」が4年連続で首位となった。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大により販売台数は振るわず、前年同期比22.7%減の10万1454台だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した。

スズキ「スペーシア」が27.2%減、ダイハツ工業「タント」が23.9%減と、上位の軽自動車がいずれも大幅マイナスだった。軽以外では、昨年11月発売のトヨタ自動車の小型SUV(スポーツ用多目的車)「ライズ」が4位に浮上。同年9月に全面改良したトヨタ「カローラ」が19.6%増だった。

一方、日本自動車輸入組合が6日発表した20年上半期の外国車販売台数は、23.2%減の11万4380台。11年上半期(9万5452台)以来9年ぶりの低水準に落ち込んだ。6年連続で首位を維持したメルセデス・ベンツが21.3%減の2万4994台だった。

20年上半期の車名別新車販売でトップだったホンダの「N―BOX」(同社提供)20年上半期の車名別新車販売でトップだったホンダの「N―BOX」(同社提供)

20年上半期の外国車販売ではメルセデス・ベンツが首位だった。写真は小型車「Aクラス」(同社提供)20年上半期の外国車販売ではメルセデス・ベンツが首位だった。写真は小型車「Aクラス」(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本