国賓来日中止決議で賛否=中国にパイプの二階氏反発―自民

政治・外交

自民党外交部会などの合同会議は6日、中国が香港統制を強める「香港国家安全維持法」の施行を受けた党の決議について議論した。外交部会役員会は習近平国家主席の国賓来日中止を求める案をまとめていたが、中国に深いパイプを持つ二階俊博幹事長が反発。同日の会議では、決議案に対し賛否両論が出された。今後の対応は中山泰秀外交部会長に一任されたが、決議案の修正も含め検討する見通しだ。

決議案をめぐっては、外交部会役員会が3日に「国賓来日中止」を求める案をまとめた。しかし、二階氏が周辺に「(日中関係に関わった)先人の努力を水泡に帰すものだ」と唱え、文言調整を求めていた。

中国国家主席の国賓来日に関する党の決議について議論する自民党外交部会などの合同会議=6日午後、東京・永田町の同党本部中国国家主席の国賓来日に関する党の決議について議論する自民党外交部会などの合同会議=6日午後、東京・永田町の同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 中国 日本