習主席来日中止決議を了承=自民、日中友好へ文言修正

政治・外交

自民党は7日の政調審議会で、中国による香港統制を強める「国家安全維持法」の施行を受け、習近平国家主席の国賓来日について「中止を要請せざるを得ない」と明記した決議を了承した。当初案では「中止を要請する」としていたが、党内の慎重論を踏まえ、表現を弱めた。近く、菅義偉官房長官に申し入れる。

6日の外交部会などの合同会議では、中国との友好関係を重視する二階俊博幹事長に近い議員から文言修正を求める意見が出るなどして紛糾。これを受けて表現を変えたほか、「中国に主張すべきはしっかり主張し、新たな時代の友好関係構築に向け、中国への強い働き掛けを要請する」との文言を追加した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 政党 中国 日本