次期戦闘機、24年度から試作=10月にも機体担当企業を選定―防衛省

政治・外交

防衛省は7日、自民党の国防議員連盟(衛藤征士郎会長)で、航空自衛隊F2戦闘機の後継となる次期戦闘機の開発スケジュール案を提示した。それによると、2024年度から試作機製造を始め、飛行試験などを経て31年度から量産初号機を製造する。

会合では、早ければ10月にも機体担当企業を選定し、今年度中に機体形状や重量、エンジン推力などの「構想設計」に着手する方針も示した。

米国との開発協力では現在、三菱重工と米国のロッキード・マーチン、ノースロップ・グラマン、ボーイングで協力分野や企業間の協業体制を議論していると説明。英国企業4社とも開発協力の協議を続けているという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本