日豪首相、香港安全法に「重大な懸念」=ビジネス往来再開へ調整

政治・外交

安倍晋三首相は9日、オーストラリアのモリソン首相とテレビ会談した。会談後に発表した成果文書では、中国による香港国家安全維持法の制定について「香港の自治を損なうものであり、重大な懸念を共有した」と明記。新型コロナウイルス対応をめぐり、ビジネス関係者を中心に相互往来の再開へ調整を進める方針を確認した。

両首相は、日豪で新型コロナの感染拡大の原因究明に取り組むとともに、世界保健機関(WHO)にも検証を促す方針で一致。WHO総会への台湾のオブザーバー参加が重要との認識も共有した。

テレビ会談は約1時間40分行われ、安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向け、連携強化を確認した。両首相は、自衛隊と豪州軍の相互訪問を促進する「日豪円滑化協定」についても協議。ただ、合意には至らず、引き続き調整することで一致した。

オーストラリアのモリソン首相とのテレビ会談に臨む安倍晋三首相=9日(内閣広報室提供)オーストラリアのモリソン首相とのテレビ会談に臨む安倍晋三首相=9日(内閣広報室提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 オーストラリア 中国 日本