ファーストリテ、4割減益=9~5月期、コロナ休業響く

経済・ビジネス

カジュアル衣料品店「ユニクロ」などを運営するファーストリテイリングが9日発表した2019年9月~20年5月期の連結業績(国際会計基準)は、純利益が前年同期比42.9%減の906億円だった。新型コロナウイルスの影響で、3~5月期にユニクロの国内店舗のうち最大で約4割に当たる311店を臨時休業したことが響いた。

売上高は同15.2%減の1兆5449億円で、大幅な減収減益だった。これを受け、20年8月期の連結業績予想を3度目の下方修正。売上高は従来予想比1000億円減の1兆9900億円、純利益は同150億円減の850億円に引き下げた。

緊急事態宣言の解除後、店舗が順次通常営業に戻った国内のユニクロ事業は6~8月期に前年同期と比べて大幅な増収増益を見込むが、中国や北米、欧州で厳しい状況が続く。

東京都内で記者会見した岡崎健最高財務責任者(CFO)は「依然としてコロナは戦後最大の危機という認識だ」と説明。その上で「インターネット通販(EC)の比率は高まっているが、店舗の重要性は変わらない。訪れる価値のある店舗を今後も準備していく」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本