九州などの豪雨被害、激甚災害へ=安倍首相、政府対策本部で報告

政治・外交 暮らし

安倍晋三首相は10日、首相官邸で開いた非常災害対策本部会議で、九州など一連の豪雨災害に関し、「被害状況の調査を行ってきたが、激甚災害に指定する見込みとなった」と報告した。政府は近く適用措置を定めた政令を閣議決定する方針。「令和2年梅雨前線豪雨等による災害」を対象とし、幅広い被害に対応できるようにする見通しだ。

激甚災害への指定には被害額が一定基準を満たす必要がある。このため、首相は被災自治体が財政上の心配なく復旧に取り組めるよう、調査の加速を指示していた。

指定を受けると、公共土木施設や農地などの復旧事業に対する国の補助率がかさ上げされる。福岡、熊本両県の一部市町村ではこれに加え、被災した中小企業の事業再建を支援する特例措置が適用される見込みだ。

豪雨非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(左から2人目)。左端は武田良太防災担当相=10日午後、首相官邸豪雨非常災害対策本部会議で発言する安倍晋三首相(左から2人目)。左端は武田良太防災担当相=10日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 防災政策・災害対策 暮らし 日本