死者63人、不明者16人=熊本、2200人超避難―九州豪雨、11日で発生1週間

社会 暮らし

熊本県南部に大きな被害をもたらした豪雨は11日で発生から1週間。6日以降に起きた九州北部の豪雨被害を含め、これまでに九州で確認された死者は、熊本県60人、福岡県2人、大分県1人の計63人。行方不明者も16人おり、警察や消防、自衛隊による捜索が続く。熊本では2200人超が避難している。

熊本県南部の死者は58人で、行方不明9人。市町村別の死者は、球磨村が20人、人吉市が19人、芦北町10人、八代市6人、津奈木町1人、住所不明2人。球磨村では、氾濫した球磨川支流脇にあった特別養護老人ホーム「千寿園」で入所者14人が死亡した。

行方不明者も球磨村が最多の4人を数える。このほか、県北部の山鹿市でも2人の死者が出た。

県の10日午前のまとめでは、県内26自治体に計156カ所の避難所が開設され、2226人が避難している(避難世帯数は不明)。人吉市が最多の1196人で半数以上を占め、球磨村も373人に上っている。

一方、熊本県内では住宅の被害が全半壊37棟以上、床上浸水4580棟以上に上ることも県のまとめで分かった。人吉市で床上浸水が3775棟に上るものの、球磨村は集計ができていない。道路が開通していない孤立集落は13地区が残っているという。

ライフラインでは、熊本県内で10日夜時点で約880戸が停電。少なくとも2800戸以上が断水している。JR肥薩線は八代―吉松間で複数の橋が流失し、当分の間運休する。

泥で汚れた道路をリヤカーを押して進む男性(中央)=10日午後、熊本県人吉市泥で汚れた道路をリヤカーを押して進む男性(中央)=10日午後、熊本県人吉市

雨が強まり人けがなくなった熊本県八代市坂本町の被災地=10日午後雨が強まり人けがなくなった熊本県八代市坂本町の被災地=10日午後

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 気象 日本 九州 福岡県 熊本県