良品計画、米子会社が経営破綻=新型コロナで休業

経済・ビジネス

生活用品店の「無印良品」を手掛ける良品計画は10日、米子会社が日本の民事再生法に当たる米連邦破産法11条の適用を同日付で申請したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で店舗が休業に追い込まれ、業績が悪化し、事実上の経営破綻となった。3月末時点での負債総額は6400万ドル(約68億円)。

良品計画は2006年に米国へ進出し、現在18店舗を展開。近年、高い賃料などが負担となっていたところに新型コロナが直撃し、収益が急速に悪化した。法的手続きを経て、再建を目指す。松崎暁社長は10日、東京都内で記者会見し「賃料交渉や品ぞろえの見直しを行い、事業構造の抜本的な改革に努めていく」と述べた。

米子会社の破産法適用申請について記者会見する良品計画の松崎暁社長=10日午後、東京都中央区米子会社の破産法適用申請について記者会見する良品計画の松崎暁社長=10日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 信用・倒産情報 日本 米国