リニア工事、国提案を拒否=静岡知事、国交次官と会談

政治・外交

リニア中央新幹線の静岡県内の工事が中断している問題で、静岡県の川勝平太知事は10日、県庁で国土交通省の藤田耕三事務次官と会談した。藤田次官は同省からの提案を説明し、トンネル掘削前の準備工事の実施を認めるよう要請。これに対し、川勝知事は「準備工事はトンネル工事と一体だと結論が出ている」として提案を拒否した。

会談は県のホームページで生配信された。川勝知事は、豪雨によって工事現場付近で土砂崩れなどが起きていることも指摘し、同省の提案を「現場を無視した空論だ」と批判した。

この問題では、JR東海が工事の再開を求めているのに対し、県はトンネル掘削による大井川の流量低下を懸念して認めていない。

静岡県の川勝平太知事(左)と会談する国土交通省の藤田耕三事務次官=10日午後、同県庁静岡県の川勝平太知事(左)と会談する国土交通省の藤田耕三事務次官=10日午後、同県庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 運輸政策 日本 東海 静岡県