避難所14カ所で浸水や閉所=専門家「過信せず身守って」―熊本豪雨

社会 暮らし

熊本県南部を中心に大きな被害が出た豪雨では、少なくとも九州3県の6市村で14カ所の指定避難所が浸水で閉所を余儀なくされたり、孤立したりして機能を制限された。防災の専門家は「これまで安全だった場所が今回も安全という保証はないと考え、各自が積極的に身を守ることが求められる」と訴えている。

これら14避難所は、いずれも「浸水想定区域」に位置するとみられ、洪水時に浸水が予想される施設。球磨川氾濫で被災した熊本県人吉市では7日未明、浸水の恐れがあるコミュニティーセンター2カ所を閉鎖し、避難者は高台にある高校校舎などへ移動を余儀なくされた。両センターはその後、浸水した。八代市では7日朝、5避難所が既に浸水していたため開所を見送った。球磨村でも2避難所が浸水した。

福岡県大牟田市では、3避難所が被害に遭った。このうち、みなと小学校は6日深夜、63センチまで水に漬かり孤立状態に。帰宅できなくなった22人の児童が避難した住民と共に校舎の2階以上で一夜を過ごした。同市の担当者は「想定外の雨量とポンプ故障が重なった」と振り返る。

「住民が過ごせる広さがある市施設は限られている」と話すのは八代市の担当者。国は指定避難所の基準を「災害の影響が比較的少ない場所にある」とするが、規模など指定条件を満たす公共施設は限定されており、浸水想定区域内に設置せざるを得ない地域は多い。

東京大の片田敏孝特任教授(災害社会工学)は、「ここ数年の水害は、従来の想定では対応できない規模で、行政側が安全な避難所を整えるのは難しいと考えるべきだ」と指摘する。

その上で、親族宅など避難所以外の避難先を日頃から考えたり、自宅で過ごす際に備え非常食をそろえたりするなど「一人一人が積極的に自分の命を守る姿勢が重要だ」と話している。

豪雨により水に漬かった市立みなと小学校=7日、福岡県大牟田市(陸上自衛隊西部方面隊提供)豪雨により水に漬かった市立みなと小学校=7日、福岡県大牟田市(陸上自衛隊西部方面隊提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 日本 九州 熊本県