アイヌ文化施設が開業=新型コロナで2カ月半遅れ―北海道

社会 文化 旅と暮らし

北海道白老町のアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」が12日、オープンした。新型コロナウイルスの影響で当初予定より約2カ月半遅れの開業。この日は主な入場者を事前予約の1500人とする制限を実施し、検温など感染対策を徹底した。

施設内の「歓迎の広場」で行われたオープニングセレモニーでは、鈴木直道北海道知事やPRアンバサダー(大使)を務める俳優の宇梶剛士さんらによるテープカットが行われた。函館市から訪れた30代のカップルは「以前からアイヌ文化に興味があったので楽しみです」と笑顔で話した。

アイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」のオープニングセレモニーで行われたテープカット=12日午前、北海道白老町アイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」のオープニングセレモニーで行われたテープカット=12日午前、北海道白老町

アイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」が開業し、国立アイヌ民族博物館を見学する人たち=12日午前、北海道白老町アイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」が開業し、国立アイヌ民族博物館を見学する人たち=12日午前、北海道白老町

開業したアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」で披露されたアイヌ古式舞踊=12日午前、北海道白老町開業したアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」で披露されたアイヌ古式舞踊=12日午前、北海道白老町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

北海道 時事通信ニュース 文化・歴史(文系的) 文化 社会 日本