検事総長に林氏=東京高検検事長は堺氏

政治・外交 社会

政府は14日の閣議で、稲田伸夫検事総長(63)の辞職を認め、後任に林真琴東京高検検事長(62)を充てる人事を決めた。林氏の後任には堺徹次長検事、堺氏の後任には落合義和最高検刑事部長がそれぞれ就く。発令はいずれも17日付。

検察官の定年は65歳の検事総長を除き63歳。総長は2年で交代するのが慣例とされており、10日で就任から2年を超えた稲田氏の後継に、63歳の誕生日を30日に控える林氏が昇格する。異例の定年延長で総長就任をうわさされながら、賭けマージャン問題で辞職した黒川弘務氏をめぐる混乱は一定の区切りが付く。

林氏は、法務省刑事局長として「共謀罪」の構成要件を改めたテロ等準備罪を新設した改正組織犯罪処罰法成立などに尽力。黒川氏の後任として5月に東京高検検事長に就任していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 人事 社会 日本 東京都