米国務長官声明「支持」=南シナ海領有権―政府

政治・外交

菅義偉官房長官は14日の記者会見で、南シナ海の領有権に関する中国の主張を「完全に違法」と非難したポンペオ米国務長官の声明について、「地域の平和と安定に向けた米国の揺るぎないコミットメントを示すものと認識しており、支持したい」と表明した。また、中国の動きに「懸念」を示し、「南シナ海の緊張を高めるいかなる行為にも反対する」と強調した。

日中関係はこの数年、改善局面が続いてきたが、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海侵入が相次ぐ中、中国による一方的な行動には改めて態度を明確にした形だ。菅氏は「わが国は法の支配の重要性、力や威圧でなく平和的な手段を用いることの重要性を一貫して主張してきた」とし、米国などと連携していく方針を示した。

記者会見する菅義偉官房長官=14日、首相官邸記者会見する菅義偉官房長官=14日、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 中国 日本 沖縄 米国