黒田総裁「底打った」=コロナ第2波は警戒―大規模緩和を維持・日銀

経済・ビジネス 政治・外交

日銀は15日の金融政策決定会合で、長短金利操作を柱とする大規模金融緩和の維持を決めた。記者会見した黒田東彦総裁は新型コロナウイルスの影響が懸念される国内経済について「足元で回復のいろいろな兆候が見られる」と指摘。モノの消費や生産は「底を打った」との認識を示した。ただ、新型コロナ感染の「第2波」の恐れなど先行きの不透明感は根強く、「下振れリスクは大きい」と引き続き警戒感を見せた。

黒田総裁は、モノの消費や生産について急速な回復過程に入ったと分析した。だが、その後の回復ペースは「緩やかになる」とした上で、新型コロナの打撃が大きいイベント関連などサービス業の回復には特に時間がかかるとの見方を示した。

記者会見する日銀の黒田東彦総裁=15日午後、東京都中央区の日銀本店(代表撮影)記者会見する日銀の黒田東彦総裁=15日午後、東京都中央区の日銀本店(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 景気動向・マクロ経済 金融政策 日本