リニア、大阪延伸遅れ懸念=当面計画見直さず―JR東海社長

経済・ビジネス

JR東海の金子慎社長は15日、リニア中央新幹線計画に関し、「(目標の)2027年の開業は難しいが、少しでも早く開業できるよう頑張りたい」と述べ、当面、正式な延期表明や新たな目標時期の設定はしない考えを示した。その上で最短で37年とする大阪までの延伸が遅れる可能性を懸念し、「できるだけ早期に名古屋以西の工事の準備にかかりたい」と話した。

名古屋市内で開いた定例記者会見で語った。金子氏は「(計画の変更は)もうしばらく時間を置かないと現実的にはできない」と説明。変更に必要となる国との調整もまだ始まっていないとした。また、静岡県の川勝平太知事が言及している東京・品川―甲府間の部分開業や、ルート変更については「あり得ない」などと否定した。

記者会見するJR東海の金子慎社長=15日、名古屋市中村区記者会見するJR東海の金子慎社長=15日、名古屋市中村区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本