バッハ会長「複数のシナリオ準備」=無観客望まず―東京五輪

スポーツ

【ロンドン時事】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は15日、オンライン形式で開かれた理事会後に電話で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で来夏に延期された東京五輪について、「最優先すべきは参加者全員の安全。大会を運営するための複数のシナリオを準備している」と述べた。

同会長はこれまで通り、大会組織委員会とともに来年7月23日の開幕を目指していると強調し、無観客での開催については「われわれは明らかに望んでいない。参加者全員の健康を守りつつ、五輪精神を反映する大会を提供できるような解決策を探っている」と話した。収束が見通せない新型コロナの感染状況に関しては「1年後にどうなっているか分からない」とも語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本