百貨店4社、3~5月期は軒並み営業赤字=コロナ休業が打撃

経済・ビジネス

百貨店4社の2020年3~5月期決算が15日、出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた店舗の休業で、4社とも売り上げが激減し、営業赤字に陥った。赤字額が最も大きかったのは大丸と松坂屋を傘下に持つJ・フロントリテイリングの271億円(前年同期は127億円の黒字)で、百貨店の業績の落ち込みが鮮明となった。

営業赤字額は高島屋が73億円、そごう・西武が12億円。15日決算発表した松屋は9億円だった。高島屋は店舗休業で人件費などの特別損失を85億円計上。松屋は13億円だった。

店舗の営業再開後も客足の戻りは鈍く、訪日外国人旅行者も急減。売り上げの本格回復は見通せず、「厳しい状況はまだ続く」(松屋)との声が上がる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本