経団連会長が検査入院=夏季フォーラムを退席

経済・ビジネス

経団連は16日、中西宏明会長(日立製作所会長)が精密検査のため、東京都内の病院に入院したと発表した。中西氏は同日午前に都内で開かれた経団連の夏季フォーラムの開会式に出席。「毎月チェックしていたが最近数値が異常になってきた。体調はほとんど万全だが、きょうこれから検査を受けに行く」とあいさつした後、退席した。

入院期間などは未定。7月中の会長の活動予定はすべて取りやめる。経団連は会長代行を置かない。

中西氏は昨年リンパ腫で一時入院していた。最近受けた検査で腫瘍マーカーの数値が基準値を超えたことから14日に再び入院したという。

経団連の夏季フォーラムであいさつする中西宏明会長=16日午前、東京都千代田区(代表撮影)経団連の夏季フォーラムであいさつする中西宏明会長=16日午前、東京都千代田区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済団体 日本