感染防止と経済両立で提言=経団連夏季フォーラム

経済・ビジネス

経団連は16日、東京都内で開いた夏季フォーラムで、新型コロナウイルスの感染拡大防止と経済活動を両立させるための提言を取りまとめた。提言は政府に対し、国際的な人の往来の再開に向けた検査体制の拡充や、デジタル化を通じたスムーズな出入国手続きの整備に取り組むよう求めた。

提言は、「感染拡大防止と経済活動の両立に万全を期すとともに、事態悪化時にも耐え得る体制を整える必要がある」と強調。政府は非常時の権限集中のあり方など感染症対策の司令塔機能の強化も検討すべきだと指摘した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済団体 日本