ろくでなし子被告、罰金確定へ=女性器3Dデータ―最高裁

社会

自身の女性器の3次元(3D)データを支援者に配布したとして、わいせつ電磁的記録等送信頒布罪などに問われた漫画家の五十嵐恵被告(48)=ペンネーム・ろくでなし子=の上告審判決が16日、最高裁第1小法廷であり、小池裕裁判長は被告側の上告を棄却した。データのわいせつ性を認定し、罰金40万円とした一、二審判決が確定する。

小法廷は「(わいせつ性は)データを視覚化したもののみを見て判断するのが相当」と述べた。

被告側は、データ提供は作品の制作費出資への返礼で、出資者に新たな創作を促す目的もあったと主張。一連の工程全体が「プロジェクトアート」で、工程を含めて判断すべきだと訴えていた。

「不当判決」を訴える五十嵐恵被告(ペンネーム・ろくでなし子)=16日午後、東京都千代田区「不当判決」を訴える五十嵐恵被告(ペンネーム・ろくでなし子)=16日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本