時事カメラマンが感染=新型コロナ、熊本被災地取材

社会 暮らし

時事通信社(東京都中央区)は16日、30代男性カメラマンが新型コロナウイルスに感染したと発表した。本社所属で、九州豪雨取材のため熊本県に出張中だった。

同社によると、カメラマンは13日に航空機で熊本県入りし、主にレンタカーを使って八代、人吉両市などで取材した。15日午後から倦怠(けんたい)感が出始め、16日朝に37.4度の熱とせきなどの症状があったため八代市内のホテルで待機。同日午後にPCR検査を受け、陽性が確認された。

大阪支社から派遣され、一部取材で同行した20代の男性記者が濃厚接触者と判断され、近くPCR検査を受ける。県によると、カメラマンが一時的に使ったタクシーの運転手も濃厚接触者とされた。カメラマンは取材中、マスクを着用していた。

時事通信社は「地元当局の指導をいただきながら、感染拡大防止や、関係者の皆さまへの説明などに努めます」としている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 健康・医療 日本 東京都 九州 熊本県