東京除外、首長評価=状況で見直し注文―GoTo

政治・外交

政府が観光支援策「Go To トラベル」で東京都発着の旅行を割引対象外にすると決めたことについて、各地の首長からは17日、除外判断に理解を示す声が上がった。一方、東京以外にも新型コロナウイルスの感染者が増えている地域があることから、感染状況に応じて割引対象を見直すなど柔軟な対応を求める意見も出た。

全国一斉のスタートに反対していた大阪府の吉村洋文知事は「東京を除外して進めるのは合理性のある措置だと思う」と述べた。京都府の西脇隆俊知事は「地方の声を一定程度反映していただいた」と評価。「感染予防策を万全にした上で慎重に観光客を受け入れることが必要だ」と強調した。

国内で唯一感染者ゼロの岩手県。達増拓也知事は「(東京は)過去最高の感染者数に達していて対象にしないのは当然かと思う」と話した。その上で「感染が一定以上に拡大した都道府県は対象から外すのがいい」と述べ、地域の感染者数に応じて運用を見直していくべきだと提案した。

鳥取市の深沢義彦市長は事業の重要性に理解を示すものの、「東京だけを除外したらうまくいくというのは難しい」と指摘。「時期や進め方で実態にマッチしたやり方があるのではないか。従前に想定した計画にとらわれず、感染状況を見極めて柔軟に対応することが必要」と訴えた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 日本 東京都 京都府 大阪府 中国 鳥取県 鳥取市