スタジオ跡地で追悼式典=社長「心は仲間と共に」―京アニ放火事件から1年

社会

36人が犠牲となった京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件から1年となった18日、スタジオ跡地で同社主催の追悼式典が行われた。遺族や八田英明社長らが参列し、犠牲者の冥福を祈った。

式典は事件発生時刻に近い午前10時半に始まり、同社の代理人弁護士などによると、30家族85人の遺族や、京アニ関係者9人が参列した。

映画「聲(こえ)の形」などの作品でキャラクターデザインを担当した西屋太志さん=当時(37)=の妻が「毎日会いたくて、毎日さみしくて、あなたを探してしまう。みなさんの生きた証しを消さない」などと弔辞を読み上げ、全員で1分間黙とう。その後、一人ひとり犠牲者に花を手向け、手を合わせた。会場ではすすり泣く声も上がったという。

八田社長は「全国から集まった優秀なクリエイターが突然未来を奪われた。1年がたとうと私たちは悲しみの中にあります」とあいさつ。犠牲者や遺族への哀悼の意を表し、「仲間と共に作品作りに励んできた。私たちは、その思いを胸に歩んでいきます。心は常に仲間と共にあります」と再生への決意を述べた。

同社は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現場に来訪しての追悼を控えるようファンらに呼び掛け、献花台も設置しなかった。

事件は昨年7月18日午前10時半ごろ発生。青葉真司容疑者(42)が第1スタジオにガソリンをまいて火を付け、アニメーターら36人を殺害したなどとして、今年5月27日に逮捕された。

京都アニメーション第1スタジオ跡地で行われた追悼式典=18日午前、京都府伏見区(同社提供)京都アニメーション第1スタジオ跡地で行われた追悼式典=18日午前、京都府伏見区(同社提供)

追悼式が行われた京都アニメーションの第1スタジオ跡地=18日午前、京都市伏見区追悼式が行われた京都アニメーションの第1スタジオ跡地=18日午前、京都市伏見区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本 京都府 京都市