俳優の三浦春馬さん自殺か=自宅マンションで死亡―東京

社会 文化

俳優の三浦春馬さん(30)が18日、東京都港区の自宅マンションで首をつっているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認されたことが、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は状況から自殺とみている。

捜査関係者によると、三浦さんが仕事に来なかったためマネジャーが自宅を訪ね、クローゼットの中で首をつっている三浦さんを発見した。室内には遺書のようなものがあったという。

三浦さんは1997年にNHK連続テレビ小説「あぐり」で子役デビュー。2006年の日本テレビ系ドラマ「14才の母」や、07年の映画「恋空」などで人気を確立した。

その後もドラマや舞台などで活躍し、歌手デビューも果たした。夏以降、新作映画の公開とドラマの放送が控えていた。

三浦さんの所属事務所アミューズの関係者は「事実を確認中です」と話した。

三浦春馬さん三浦春馬さん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 芸能 文化 日本 東京都