セシルマクビー、店舗撤退=コロナで継続困難

経済・ビジネス

女性向けアパレルのジャパンイマジネーション(東京)は20日、主力の若者向けブランド「セシルマクビー」などの店舗事業から撤退すると発表した。同ブランドの全43店舗を含め、展開する店舗の9割に当たる92店舗を来年2月までに閉鎖する。長期的な低迷に加え、新型コロナウイルスの影響でショッピングセンターなどが休業。売り上げが立たず、店舗運営の継続が困難となった。

販売員を中心とする従業員570人の大半は解雇・退職し、同社は再就職を支援する。

セシルマクビーは1980年代に展開を開始し、10代後半から20代前半の女性の間で人気を獲得。若者向けファッションビル「SHIBUYA109」を代表するブランドに成長した。

しかし、近年はH&Mなどファストファッションとの競争で苦戦。会社全体の売上高はピークの242億円(2007年1月期)から、20年2月期は121億円へ半減していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本 東京都