コンビニ売上高、5.2%減=都市部店舗が苦戦―6月

経済・ビジネス

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した6月のコンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比5.2%減の8379億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言が解除され、減少幅は過去最大を記録した4月(10.6%減)の約半分まで回復した。ただ、客足の戻りは鈍く、都市部の店舗を中心に引き続き苦戦している。

来店客数は11.6%減と3カ月連続の2桁減。都道府県をまたぐ移動制限の解除で繁華街や観光地の人出が増え、コロナの影響が顕著だった4月の18.4%減、5月の19.9%減からは改善した。しかし、在宅勤務の継続でオフィス街の店舗は大幅なマイナスが続く。来店頻度が高まってまとめ買いの動きは鈍り、1人当たりの平均購入額は7.3%増(5月は12.4%増)に縮小した。

商品別売上高は、チケットなどのサービス関係は夏のイベント中止などが大きく影響し、32.0%減と落ちこんだ。非食品はマスクなど衛生用品の品薄状態が解消され、0.4%の微増だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 統計 日本