槇原被告、所持認める=求刑懲役2年、来月3日判決―薬物事件初公判・東京地裁

社会 文化

覚せい剤や危険ドラッグを所持したとして、覚せい剤取締法違反罪などに問われた歌手の槇原敬之被告(51)の初公判が21日、東京地裁(坂田正史裁判官)であり、槇原被告は起訴内容を認めた。裁判官から起訴状の記載に間違いないか確認され、「ありません」と答えた。検察側は懲役2年を求刑、弁護側は寛大な判決を求めて結審した。判決は8月3日。

髪を短く刈り上げ、黒のスーツにネクタイ姿で入廷した槇原被告。職業を問われると、「シンガー・ソングライター」と応じた。被告人質問で「本当に申し訳なく思っています」と関係者やファンに謝罪した。

槇原被告は違法薬物について、「ここ数年使っていません」と主張。所持していた理由を「こういうものを捨てるときは気を付けた方がいいと聞いたことがあり、手元に置いていた」と説明した。

検察側は論告で、「20歳ごろに薬物を使い始め、覚せい剤に手を出すようになった」などと指摘。1999年8月に覚せい剤を所持したとして逮捕されたことにも触れ、「有罪判決を受けたにもかかわらず、使用を繰り返した。社会に与えた影響も計り知れない」と非難した。

起訴状によると、槇原被告は2018年3月と4月、東京都港区のマンション一室で、危険ドラッグ「RUSH(ラッシュ)」約64.2ミリリットルと覚せい剤約0.083グラムを所持。20年2月にも渋谷区の自宅でラッシュ約3.5ミリリットルを所持したとされる。

槇原敬之被告槇原敬之被告

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 芸能 文化 裁判 日本 東京都